バイナンス (BINANCE)をおすすめする6つの理由|メリットデメリットを紹介

海外の取引所の中でも日本人の多くが利用しているのがBINANCE(バイナンス)です。

日本円で直接入金できないなどのデメリットはあるものの同様に多くのメリットがあります。

この記事では、BINANCE(バイナンス)をおすすめする理由をメリットとデメリットと共に紹介していきます。

バイナンス (BINANCE)をおすすめする6つの理由

メリット
  1. 日本語に対応
  2. 取扱通貨が90種類以上
  3. 草コインで億り人になれる可能性が高い
  4. 手数料が激安
  5. 指値注文と成行注文の両方が可能
  6. BTC(ビットコイン)の分裂によりフォークコインが無料でもらえる

バイナンスのメリット1.日本語に対応

バイナンス使い方

海外取引所を利用する際、言語の壁が立ちはだかりますが、バイナンスは日本語対応しています。

上記の画面にもあるとおり、トップ画面のみならず「二次検証」「資産のチェック」「通貨の売買」に至る全てが日本語に対応されており、安心・安全に利用できます。

通貨を一瞬でなくす要因になる「入金」「出金」にも日本語対応している優れた海外取引所だと言えます。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

バイナンスのメリット2.取扱通貨が90種類以上

2017年12月23日時点では、BTC建てで91種類の仮想通貨を取り扱っています。

※ETH建てやBNB建てで購入できる通貨は下記と若干異なります。

「91種類の通貨」を見たい方はこちらをクリック
ADA FUEL PPT
ADX FUN QSP
AION GAS QTUM
AMB GTO RCN
ARK GVT RDN
ARN GXS REQ
AST HSR SALT
BAT ICN SNGLS
BCC ICX SNM
BCD IOTA SNT
BCPT KMD STORJ
BNB KNC STRAT
BNT LEND SUB
BQX LINK TNB
BTG LRC TNT
BTS LSK TRX
CDT LTC VEN
CMT MANA VIB
CND MCO WABI
CTR MDA WAVES
DASH MOD WTC
DGD MTH XLM
DLT MTL  XMR
DNT NEBL XRP
ELF NEO XVG
ENG NULS XZC
ENJ OAX YOYO
EOS OMG ZEC
ETC OST ZRX
ETH POE  
EVX POWR  

上場すればさらに増えるので、2018年は100種類以上超えることになりそうです。

一方、日本国内の取り扱い通貨は以下のようになっています。

国内の主要取引所 取扱通貨の種類
コインチェック
(Coincheck)
13種類
ザイフ
(Zaif)
5種類
ビットフライヤー
(bitFlyer)
6種類
バイナンス
(BINANCE)
91種類

2017年11月時点では、60種類ほどだったことを考えると草コインが上場するスピードがとにかく早く、「億り人になりたい人」には非常に可能性がある取引所であるのがわかります。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

バイナンスのメリット3.草コインで億り人になれる可能性が高い

すでに述べたように、日本国内の取引所に比べたら「億り人になれる可能性は高い」でしょう。

高値をつけているビットコイン、アルトコインがこれから100倍,500倍になる姿はあまり想像できません。

しかし、草コインが上場してバイナンスで購入できるようになった銘柄であれば、下記のような高騰が実際に起こります。

※2017年12月23日現在の上昇率

CTR

↑ CTRの銘柄が24時間以内に250%上昇している画像。

XVG

↑ XVGの銘柄が24時間以内に115%上昇している画像。

NULS

↑ NULSの銘柄が24時間以内に80%上昇している画像。

MTH

↑ MTHの銘柄が24時間以内に67%上昇している画像。

銘柄 上昇率
CTR 250%
XVG 115%
NULS  80%
MTH  67%

これだけ短期間で200%も上昇する銘柄には、そうそう出会えるものではありません。

億り人になりたい方は、バイナンスの利用をおすすめします。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

バイナンスのメリット4.手数料が激安

BINANCE(バイナンス)は、0.1%と手数料が激安です。

取引所 手数料
バイナンス
(BINANCE)
0.1%(BNB利用で0.05%)
コインチェック
(Coincheck)
0%
ザイフ
(Zaif)
-0.01%
ビットフライヤー
(bitFlyer)
0.2%
ビットトレックス
(bittrex)
0.25%
ポロニエックス
(Poloniex)
0.25%

BNB手数料

さらに、BNBというバイナンスが発行している通貨を手数料として使用すれば、「0.05%」で売買が可能になります。BNB購入後、上記画像のように「OFF」をクリックすれば、手数料が「0.05%」になります。

草コイン投資は、利ざやをとったら売買を繰り返すので利用頻度が多いほど激安手数料の恩恵を受けるでしょう。

コインチェックは手数料無料ですが、指値注文はBTCのみであり、取引所で「コインを買う」と割高での売買になってしまいます。

激安手数料もバイナンスをお勧めする理由の一つです。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

バイナンスのメリット5.指値注文と成行注文が可能 

指値注文成行注文

バイナンスでは、指値注文(Limit)と成行注文(Market)の両方が選択可能です。

※指値注文とは、売買の値段を指定する取引。成行注文とは、値段を指定せず割高割安で売買をする取引。

上記画像のように売買の画面が表示されます。その際、「Limit」を押すと指値注文になり、「Market」を押すと成行注文になります。

国内取引所であるコインチェックを例に出すと、「コインを買う」は全て「成行注文」です。一方、取引所でのBTCだけが「指値注文」になります。

つまり、コインチェックでBTC以外のアルトコインを購入している方は非常に損していると言えます。

仮想通貨投資を賢く行い、利益を積み重ねて行くには指値注文が行えるバイナンスが必要不可欠です。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

バイナンスのメリット6.BTCの分裂により無料でハードフォークコインがもらえる

ビットコインは、過去4回ハードフォーク(分裂)が行われています。

それらの分裂により以下のコインが誕生しました。

ハードフォークコイン一覧
  1. ビットコインキャッシュ(BCH)
  2. ビットコインゴールド(BTG)
  3. ビットコインダイヤモンド(BTD)
  4. スーパービットコイン(SBTC)
  5. ビットコインX(BCX)

バイナンスでは、分裂した時点でビットコインを保有していた人に対して、ビットコインと同量のハードフォークコインが無料で付与されます。

つまり、10BTC持っていた人は、無料で10BCH(ビットコインキャッシュ)がもらえることを意味します。さらに、その対象は下記で公式ツイッターアカウントが述べているように、全ての分裂したコインが対象となります。

分裂した時点の初値は1BCH2万円ほどでしたが、現在は32万円を超えています。分裂するだけでも億り人に一歩近づけてしまいますよね。

日本国内の取引所はこれらのハードフォークコインの付与をサポートしていないので、バイナンスでビットコインを保有するだけでも大きなメリットとなります。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

BINANCE(バイナンス)のデメリット

デメリット
  1. 日本円の入金ができない
  2. 日本語でのサポート未対応
  3. ドルベースで資産が表示されてわかりづらい
  4. 中国政府の一声で閉鎖されるリスクがある

デメリット1.日本円の入金ができない

国内の取引所であれば、日本円で入金したお金を仮想通貨に変えれますが、バイナンスでは日本円での入金が行えません。

そのため、国内の取引所で購入した仮想通貨をバイナンスのアカウントに入金する必要があります。すぐに値が移り変わる仮想通貨投資では、こうしたタイムロスが機会損失になると言っていいでしょう。

デメリット2.日本語でのサポート未対応

管理画面での資産の確認や通貨の売買においては、日本語対応がされており、何不自由なく利用できます。しかし、何かトラブルがあった際に日本語でのサポートを提供していません。

例えば、数日前にアカウントロックがされ、ログインできない問題が何件か多発しました。そんな時、本社への連絡は英語でのやりとりが必須となります。

また、電話での対応も行なっていないため非常に不便であると言えます。

デメリット3.ドルベースで価格と資産が表示されてわかりづらい

バイナンスドル

日本円表記されていれば、税金の支払いや資産の把握が簡単です。

しかし、バイナンスでは価格と資産をドルで表示しているため、税金の計算や資産の増減を把握しにくいデメリットがあります。

デメリット4 中国政府の一声で閉鎖されるリスクがある

ツイッターでも述べているように、政府の圧力で閉鎖されるなんてことも可能性としてはあるでしょう。

一番怖いのは、言語の壁があることで情報をいち早く入手できずにアカウントが閉鎖されているケースです。現在バイナンスは取引高世界一の取引所であり、トラブルが起こった際には何かしらの声明を発表するはずです。

対象法として、公式アカウントをフォローしたり、仮想通貨ブロガーをフォローしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

以上が「BINANCE(バイナンス)をおすすめする6つの理由|メリットデメリットを紹介」になります。

デメリットもあるバイナンスですが、それでも利用する価値が高い取引所だと言えます。とくに、90種類以上の通貨を取り扱っている、かつ日本語対応の取引所はバイナンスだけです。

10万円以下の草コイン投資で億り人になるには打ってつけの取引所なので非常におすすめですよ。

この機会に下記の公式サイトから登録してみてください。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら