ビットコイン・仮想通貨初心者におすすめの本・書籍9選【2018版】

ビットコインなどの仮想通貨とはなにか?」「ブロックチェーンとはなにか?」といった疑問を持っている人が多いと思いますが、ネットにある情報では理解しきれない面もあるでしょう。

体系的にその仕組みやメリット、デメリットを理解するには、わかりやすい本を1冊〜2冊購入した方が手っ取り早いです。

この記事では、そうした方に向けて「ビットコイン・仮想通貨初心者におすすめの本を9冊」紹介していきます。

ビットコインの仕組みや概念がわかるおすすめ本

1時間でわかるビットコイン入門〜1円から送る・使う・投資する〜

ビットコイン超初心者さんにおすすめならこの本でしょう。

  • ビットコインの仕組み
  • 安全性とリスク
  • ブロックチェーンとは何か
  • ビットコインで何ができるのか
  • ビットコインの投資について
  • 取引所と取引方法 

こうした初心者さんが疑問に思う内容を図解を用いて説明しており、中学生や高校生でも理解できるような内容となっています。

図解で説明しているので、想像以上に文字が少なく中級者さんが読むと、物足りない内容ですが、仮想通貨の世界へと足を踏み入れるならまず初めに読んでおいて損はない一冊となっています。

注意点としては、仮想通貨の余計なリスクなどを意図的に省いている印象があるため「仮想通貨投資を始める方」は、他にもう一冊購入することをおすすめします。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

コインチェックの代表である大塚氏が共同で執筆されたのがこの本です。

1冊目より「ブロックチェーンとはなにか?」についてより詳しく知れる本なので、大学生や社会人でおすすめの一冊だと言えます。

具体的な目次に関しては、下記となっています。

  • ビットコインが何か
  • ビットコインの仕組みとは
  • ビットコインの安全性
  • 他の仮想通貨について
  • フィンテックについて

※フィンテックとは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語を意味します。

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインについても触れているため、浅すぎず、深すぎない仮想通貨本でしょう。入門書として読んで見ることをおすすめします。

 はじめてでもわかる!稼げる!仮想通貨入門: 10年に1度のチャンスを見逃すな!

ビットコインや仮想通貨に関する講演会を200回以上行っている上野さんが執筆されているkindle本です。

また、上記のようにYoutube動画にも数百本の動画をアップロードしているほどの仮想通貨通で非常にわかりやすい動画となっています。

肝心の本の内容ですが、上述した2冊と変わらないくらいわかりやすい本です。異なる点としては、ビットコインや仮想通貨が社会及ぼす影響について言及している点でしょう。

これからのキャッシュレス世界や銀行の行方などを知りたい方は、購入する価値があると言えます。値段も234円と低価格となっており、ページ数も100ほどなので空き時間に読んでみるといいでしょう。

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル

ビットコイン研究所ブログ」というブログを執筆されている大石さんのkindle本になります。

  • ビザンチン将軍問題
  • ビットコインの全体像
  • トランザクション(取引)
  • ハッシュ関数
  • マイニング(採掘)
  • 善意の採掘者
  • 終わりに アンドリーセンが夢想する未来 

上記の目次を見ていただくとわかりますが、ビットコインについてさらに突っ込んだ話をされています。一見すると、読むのを躊躇してしまいそうですが、初心者さんでもわかるような文体で書かれているので安心して読むことができます。

また、すでに紹介した3冊では物足りないという方でも新しい発見がある本となっているので初心者さんから中級者さんまでおすすめできる一冊となっています。

ビットコインの価値と社会に及ぼす影響がわかるおすすめ本

仮想通貨革命 ビットコインは始まりに過ぎない

2014年執筆と少し古い本になりますが、2018年現在でも通用する内容であり、ビットコインの価値と社会に及ぼす影響について知りたい方におすすめできる本です。

内容は専門用語が多く理解が追いつかない人も出てくると思いますが、それでも読んでおく価値は十分あります。中でも政府や日銀など中央集権的な組織がなくても機能するブロックチェーンの素晴らしさが理解できる点とその素晴らしいブロックチェーンがこの世界をどう変えていくのかという点を2014年に執筆されていることに驚くでしょう。

とくに、これから金融機関に就職される方にはぜひ読んで欲しい一冊となっています。為替市場や株式市場、債券市場を飲み込むほどの恐れがある仮想通貨の脅威を体感できるでしょう。

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

日銀出身の中島さんが執筆された定番本になります。

投資家ではなく、ITエンジニアや金融業界の方に読んでいただきたい一冊となっており、ビットコインだけでなく、決済に関連するリップルという仮想通貨についても触れています。

肝心の本の内容は、非常にロジカルかつ事例を豊富に盛り込んで「ビットコインの歴史」や「メカニズム」「基幹技術のチェーンブロック」「今後の展開予想」を主に執筆されています。

前半部分はわかりやすいですが、後半部分から専門用語が多くなるため、社会人で仮想通貨に興味を持ち始めた方におすすめできる良書です。

ブロックチェーン・レボリューション ―ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

上述した本と同様、ブロックチェーンで何ができるのか、どのように社会に溶け込み、どう社会を変えるのかが記載されています。

424ページと分厚く、読み応えがある本ですが、前提知識を持っている方は、するっと読めてしまうほど面白い良書です。

他の本と明らかに異なる点は、下記にもある8章と9章でブロックチェーンの技術がビジネスや行政、公共サービスでどのように利用されるのかを述べている点でしょう。

  • 第8章:民主主義はまだ死んでいない――選挙、法律、政治
  • 第9章:僕らの音楽を取りもどせ――アート、教育、ジャーナリズム 

具体的な事例がなく、腑に落ちない人におすすめです。少し難しいので、上記で紹介している「1時間で読めるビットコイン入門」や「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」を読んでから本書を読むと、より理解が進むでしょう。

スポンサーリンク

ビットコインと仮想通貨の投資方法に関するまとめ本

 5000円ではじめる仮想通貨投資入門

上記でも紹介した上野さんが仮想通貨の投資方法に焦点を絞った入門書になります。

2018年に入ってからも暴落と暴騰を繰り返していますが、少し落ち着いてご自身の仮想通貨投資術に考え直すきっかけをくれる本となっています。

今現在投資されている方は、この本を読んでいい意味で方針を改める機会になりますし、まだ投資を始めていない人は、正しい指針を持って将来性のある通貨への投資と正しい投資術が身につくでしょう。

タイトルにもある通り、少額からでも投資可能な仮想通貨投資の入門書としておすすめできる一冊です。

1時間でわかるビットコイン投資入門  ~誰でもできる超シンプル投資法~

タイトルにもあるように、ビットコインの投資入門書として利用できる一冊です。

対談形式で非常にわかりやすく、インターネットを普段利用しない人でも理解できるように書かれています。具体的な投資方法が3つ提示されており、「ビットコインへの投資が怖い」と考える方に読んでいただきたいです。

kindleアンリミテッドなら無料で読める点もありがたいでしょう。

まとめ|ビットコイン・仮想通貨初心者におすすめ本・書籍

以上が「ビットコイン初心者におすすめの本を10冊紹介【2018版】」になります。

仮想通貨投資は1000円以下から」始めることができますし、下手に投資をしなければ「資産がマイナスになること」もありません。

正しい知識を入手したら、まずは少額から始めてみることをおすすめします。