Gackt(ガクト)が仮想通貨ICOに参画「SPINDLE(スピンドル)」の購入方法や買い方は?

Gackt(ガクト)が仮想通貨プロジェクトである「SPINDLE」の参画を2017年12月26日に発表しました。

参考

「大城ガクト」と「仮想通貨」Gacktオフィシャルブログ

「SPINDLE」は投資プラットフォームのICO(新規仮想通貨の立ち上げ)であり、将来的に日本国内、もしくは海外の仮想通貨取引所で購入できる予定です。

この記事では、「SPINDLE」の概要やその買い方、将来性などを解説していきます。

Gackt(ガクト)が仮想通貨ICOに参画「SPINDLE」とは?

SPINDLE購入方法

「SPINDLE」は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した投資・運用プラットフォームです。「SPINDLE」を利用して透明かつ公平な投資を目指す仮想通貨とも言えます。

もう少しわかりやすく説明しましょう。

現在、株式投資をしようと思うと証券会社と契約して手数料を支払い投資をしなければいけません。また、証券会社にはあなたが今まで行った運用履歴や運用実績などが筒抜けになっています。さらにいうと、その運用実績は証券会社によっていかようにも改ざんができるとも言えます。

そんな時、改ざん不可能で透明性が高く、公平性を持った投資・運用のプラットフォームがあったら安心・安全で利用したくなるでしょう。さらに、証券会社よりも低コストで利用できるサービスがあったら尚更良いですよね。

それが「SPINDLE」が意図するものです。

では、なぜGacktはこの「SPINDLE」に参画したのでしょうか。

Gackt(ガクト)が「SPINDLE」に参画した理由

ガクトが「SPINDLE」に参画した理由は冒頭で紹介した記事に述べられていました。

➖ではなぜ、ボクGACKTが仮想通貨を事業として着手したのか?➖

2020年以降に訪れる経済の落ち込みは多くの人が予想しているが、今の日本にはそれを跳ね返すだけの産業がもう何もない。

世界からドンドン乖離していく今の日本人の経済格差を縮めるにはこの仮想通貨というものを大いに活用して、自分自身で生活レベルを上げるしかもう手段は残されていない。

つまり、唯一の手段として多くの人に仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思ったからだ。

〜中略〜

仮想通貨を通して、より多くの人が投資を体験するべきだと思う。

そして、リテラシーを高め、豊かなライフプランを実現させるための資産運用を実現させる糸口を見つける。

今回は、これ以上深いことを書かないが、結局のところ、『打席に立たなければボールは打てない』観客のままでいるのか、それともチャンスだと思い打席に立ってみるかは、自分次第。

引用:Gacktオフィシャルブログ

つまり、一般人が参入しやすい仮想通貨を利用して、お金のリテラシーを身につけてほしいとガクトは考えています。なぜなら、これからの日本には主力産業がなく、衰退の一途を辿るから。だから、仮想通貨に投資してお金がお金を生むことをより多くの人に理解してほしい、と。

そのために、自身が広告塔の役割を果たして、利用者を増やしていきたいと述べています。

こうした考えに共感した方は、下記で「SPINDLE」の情報をいち早く入手できる方法を紹介しています。

スポンサーリンク

「SPINDLE(スピンドル)」の購入方法や買い方を紹介

結論から述べると、2017年12月時点では「SPINDLE」を購入することができません。

仮想通貨の購入は、日本国内の仮想通貨取引所である「コインチェック」や「Zaif」で売買される前にICO(Initial Coin Offering)というプレセールがあります。それに参加することで上場前に購入することが可能となります。

ただ、現時点ではICOにも「SPINDLE」が掲載されておらず、購入することができません。そのため、公式サイトのページからメールアドレスを入力すれば、優先的に最新情報を教えてくれます。

最新情報の取得方法

まずは、「SPINDLEの公式サイト」をクリックします。すると、下記の画面に切り替わります。

SPINDLE買い方

次に「White Paper」をクリックします。

ガクト仮想通貨SPINDLE

次に、赤い線で囲ったところにメールアドレスを入力して、「登録」をクリックすれば完了です。

ちなみに、「DOWNLOAD」をクリックすると、さらに詳しい情報が見れます。例えば、ICOでの発行枚数や将来性などです。気になる方は、その辺もチェックしてみるといいですよ。

「SPINDLE」が上場したらどの取引所で売買可能か

最後に、「SPINDLE」が上場したらどの取引所で売買可能かですが、国内の大手3社に登録しておけばいち早く売買できるかもしれません。

その理由ですが、「White Paper」を読んでください、としか言えません。というのも、「White Paper」で記載された文章は「無断で複製・転載・公表」が禁止されています。ですので、詳しく知りたい方は、「White Paper」を読んでください、としか言えません。

  1. コインチェック
  2. Zaif
  3. bitFlyer

上記、3社に登録して上場を待つのが一番安全に「SPINDLE」を入手できる方法だと私は考えています。

まとめ

以上が「SPINDLEの購入方法・買い方とは?」になります。

ガクトが広告塔になっているだけあり非常に注目度が高く、ICOで購入できることを待ち望んでいる人が多いでしょう。ただ、ICOで仮に購入できたとしても実際に「SPINDLE」がサービスとして利用される保証はまだ何もなく、お金をドブに捨てるだけになる可能性もあります。

だったら、審査が厳重な国内の取引所で上場してから購入する方がいいと考えるのも賢い投資術でしょう。

国内の取引所は下記のリンクから可能です。先に登録しておき「SPINDLE」の上場に備えておくことをお勧めします。