おすすめの仮想通貨取引所はこちら >>

仮想通貨とは?電子マネーとの違いは?初心者にもわかりやすく解説!

すぐわかる仮想通貨取引所ランキング

第1位:Coincheck (取り扱い通貨数 国内No.1)

第2位:bitbank (仮想通貨取引量 国内No.1)

第3位:GMOコイン (仮想通貨FXやレンディングもできる)

>> おすすめ仮想通貨取引所の詳しい比較記事はこちら

”仮想通貨”と聞くと

なんか怪しい…

現実のお金と何が違うの?

こんなことを思っている方も少なくないと思います。

実際、僕も仮想通貨について知るまでは、「怪しすぎる・・・」「なんかの詐欺じゃないの?」みたいに思っていました。

ですが、仮想通貨についてしっかり勉強して理解を深めていくうちに、本当に円やドルなどと同じように使えて、政府も認めている通貨だということがわかりました。

ということで、今回は、仮想通貨初心者の方に向けて「仮想通貨とは何か?」をわかりやすく解説していきます。

タップできる目次

仮想通貨ってなに?暗号資産や暗号通貨とどう違う?

仮想通貨とは、一言で言うと、現実世界には存在しないデータ上のお金です。

言い換えると、リアル世界で手で触れないけどインターネット上で扱えるのが仮想通貨です。(1万円札や500円玉は触れる。仮想通貨は触れない)

仮想通貨の特徴

仮想通貨はインターネット上のお金ですが、お金には変わりないので、何かを買ったときの支払いや家族や友達への送金など、円やドルのような法定通貨と同じように使えます。

一般的な通貨と違う特徴はこのあたりです。

  1. 中央管理者がいない
  2. 換金ができる
  3. 発行上限がある

中央管理者がいない

仮想通貨の大きな特徴が、中央で誰かが管理しているという通貨ではないところ。

つまり、日本円を発行している日本銀行のような中央管理機関が存在しないということですね。

管理者がいないのになんで成り立っているのかというと、ブロックチェーンという仕組みがあるからです。

簡単に言うと、ブロックチェーンは「みんなで管理しよう!」という仕組みです。(これが今までになかったので画期的!)

<ブロックチェーンとは>
もう少し詳しく言うと、取引データをブロック(箱)ごとに時系列で記録して、みんなで取引履歴を共有して、ブロック同士をチェーン(鎖)で繋いで積み重ねていくのが「ブロックチェーン」です。
※「分散型台帳」とも呼ばれます。

みんなで管理して見張っているので、不正な取引など誰かが悪いことをしてもすぐに見つかってしまいます。

なので、改竄や捏造が起こりづらいのが、仮想通貨の大きなメリットです。

換金ができる

仮想通貨は、日本だけではなく全世界で使える通貨なので、色々な通貨に換金することができます。

なので、仮想通貨を持っていれば、円でもドルでも、ポンドでも好きな通貨に換金できます。

インターネット上で換金するので、換金の際の手数料が安く、換金スピードも早いのが嬉しいポイントですね。

発行上限がある

基本的に法定通貨は、発行上限がありません。

円の場合は、経済状況に応じて日本銀行が自由に発行枚数を変えることができます。

一方で、仮想通貨には発行上限に制限があるので、発行枚数を変更することはできません。

例えば、仮想通貨で一番有名なビットコインの発行上限は2,100枚と設定されています。

暗号資産や暗号通貨との違いは?

仮想通貨と似たような言葉で、”暗号資産”や”暗号通貨”という言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、この3つは言い方の違いなだけで、同じと思って問題ありません。

方言?みたいに思ってもらえればわかりやすいですね!

金融庁日本銀行が採用しているのが、”暗号資産”という言い回しです。

仮想通貨と電子マネーの違いは?

データ上のお金と聞くと、SuicaやEdyのような電子マネーを思い浮かべる方もいると思います。

結論から言うと、電子マネーは仮想通貨ではありません。

というのも、電子マネーは、円などの法定通貨がシンプルに置き換わったものだからです。

簡単に言うと、

  • リアルの硬貨や紙幣を持たなくても、簡単に支払えるようにした箱のようなもの
  • 法定通貨をチャージしておける便利な道具

が電子マネーということですね。

一方で、仮想通貨は、円やドルと同じようにそれ自体で通貨の価値を持っています。

まとめると、「通貨自体」か「通貨をチャージできる便利な道具」なのかの違いということですね。

仮想通貨はビットコインと違うの?

仮想通貨と言えば、「ビットコイン」みたいなところありますよね。

これはほぼ正解なのですが、正確に言うと

  • 仮想通貨 → 種類の総称
  • ビットコイン → 仮想通貨の種類の1つ

といったイメージです。

仮想通貨の中で一番有名なのがビットコインで、仮想通貨の種類の一つにビットコインがあるということです。

仮想通貨そのものがビットコイン(仮想通貨 = ビットコイン)ではないということですね。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と言います。

仮想通貨にはどんな種類がある?

仮想通貨で一番有名なのがビットコインですが、それ以外にも仮想通貨には様々な種類があります。

例えば、有名どころで言うと

仮想通貨の種類(一例)
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ネム
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアムクラシック

などがあります。

これ以外にも仮想通貨がかなりの種類があって、その数は2,000種類以上とも言われています。

めちゃくちゃありますよね笑

まとめ|仮想通貨はインターネット上で誰でも持てる自由なお金

仮想通貨について、なんとなくでも理解できましたでしょうか?

最初はいまいちイメージしづらい部分もあると思うので、まずはざっくりでもわかればいいかなーと思います。

仮想通貨の世界はけっこう深いので、いろいろ理解できてくると面白いですよ!

仮想通貨専用の口座さえ持っていれば、誰でも簡単に持てるのが仮想通貨なので、実際に触りながら仮想通貨についての理解を深めたい方は、いったん取引所の口座を作っておくのもありだと思います。

最近は仮想通貨について学びながら、ビットコインをもらえるアプリもあったりするので、興味がある方はアプリを使って勉強していくのもいいですね!

ビットスタート ビットコインをもらって、仮想通貨を学習・運用
ビットスタート ビットコインをもらって、仮想通貨を学習・運用
開発元:Paddle.inc
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる