登録から売買までが早い仮想通貨取引所「Bitbank」を紹介|口座解説が早い

「Zaif」や「コインチェック」といった大手仮想通貨取引所は、毎月の登録者数がとてつもなく多いことから「登録から売買まで」非常に遅いです。

実際、私は「Zaif」に登録してから約1ヶ月間かかりました。こうした遅延の問題は主に「ハガキの送付」と「登録者数の急激な増加」によって起っています。

この記事では、できるだけ早く仮想通貨の売買を行いたい人に向けて5日で売買可能だった「Bitbank(ビットバンク)」を紹介していきます。

Bitbankが登録から売買まで早い仮想通貨取引所である理由

5日目には「口座有効のハガキ」が私の家に送付されて、売買ができるようになった「Bitbank」ですが、以下の理由でここまで早く取引が行えます。

理由.中堅の仮想通貨取引所で利用者があまり多くない

ビットバンクの基本情報
取扱通貨数 通貨名 手数料
6種類 BTC XRP ETH
LTC MONA BCC
無料

Bitbankは中堅に位置する取引所なのでコインチェックやZaifと比べると利用者があまり多くありません。そのため、サポートからの連絡も早いですし、「本人確認からハガキの郵送まで」とてもスムーズに行ってくれます。

利用者が少ないと悪いイメージがありますが、リップルの売買を専門に行う人であれば、よく利用している取引所だと言えます。

事実、ツイッターでの評判もかなり良くビットバンクに満足している人は多いです。また、取引高も世界23位まで来ていました。

ハガキが到着するのも2〜3日と早いですが、口座開設から本人確認までの流れも非常に早いので、下記で画像を用いて紹介していきます。

ビットバンクの登録はこちら

Bitbank(ビットバンク)の登録方法

まずは、下記のリンクからビットバンクの公式サイトへアクセスします。

ビットバンクの登録はこちら

アクセスすると、下記のような黄色画面に変わります。

ビットバンク早い取引所

メールアドレス」を入力後、「無料口座開設」をクリックしましょう。

ビットバンク登録

すると、入力したメールアドレスに上記のようなメールが届くので、メール内の青いリンクをクリックします。

パスワードの作成と入力

ビットバンクパスワード

クリックすると、パスワード入力の画面に移行します。

パスワードを入力したら、もう一度同じパスワードを入力します。利用規約にチェックを入れて、「登録」をクリック。

氏名、住所などの入力

ビットバンク

すると、ビットバンクの管理画面に移行するので、「名前」「フリガナ」「生年月日」「住所」を入力し、「次に進む」をクリックします。

基本情報の登録

ビットバンク早い

次に、「取引の目的」と「職業」「外国の重要な公人地位にある者に該当しません」にチェックを入れ、「確認」をクリックします。

本人確認書類の提出

ビットバンク確認

続いて、「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックします。

ビットバンク本人確認

本人確認書類の種類」を選択し、アップロードをクリックします。

裏と表をぶらないように撮影してアップロードすれば、問題ありません。

本人確認書類

最後に「この内容で登録する」をクリックして登録完了です。

ハガキ

1営業日で本人確認が完了し、4日ほどで自宅にハガキが送られきます。

ハガキに記載されている暗証番号を有効化すれば、口座開設は完了となります。

必要に応じて「二段階認証」「SNS認証」を設定しておけばセキュリティ対策は万全でしょう。

ビットバンクの登録はこちら

スポンサーリンク

まとめ|登録から売買までが早い仮想通貨取引所【口座開設】

コールドウオレット

以上が「登録から売買までが早い仮想通貨取引所「Bitbank」を紹介|すぐに始められる」になります。

ビットバンクはすべての仮想通貨に対して「コールドウォレット」を利用しており、セキュリティ対策も万全です。

非常に評判がいい取引所なので、登録しておいて損はない取引所でしょう。リップルとイーサリアムの購入を行う人にオススメです。下記のリンクから登録可能となっています。

ビットバンクの登録はこちら