バイナンス (BINANCE)の取り扱い通貨・銘柄一覧|全91種類の特徴を解説【執筆中】

※現在、執筆中

BINANCE(バイナンス)の最大の特徴は、取り扱い通貨・銘柄が90種類を超えている点です。

しかし、それらの銘柄を一つ一つ把握するのは非常に難しく、英語を駆使して情報収集しないといけません。

今回の記事では、そうした情報収集が困難なバイナンスの銘柄を全て紹介していきます。

各銘柄の「特徴」や「将来性」だけでなく、詳しい情報も掲載しているので「通貨名」をクリックしてより詳細な情報をみてみてください。

バイナンス (BINANCE)の取り扱い通貨・銘柄一覧|全91種類

2017年12月23日時点では、BTC建てで91種類の仮想通貨を取り扱っています。

※ETH建てやBNB建てで購入できる通貨は下記と若干異なります。

通貨名 特徴 将来性
ADA    
ADX    
AION    
AMB    
ARK    
ARN    
AST    
BAT    
BCC    
BCD    
BCPT    
BNB    
BNT    
BQX    
BTG    
BTS    
CDT    
CMT    
CND    
CTR    
DASH    
DGD    
DLT    
DNT    
ELF    
ENG    
ENJ    
EOS    
ETC    
ETH    
EVX    
FUEL     
FUN     
GAS     
 GTO    
GVT     
GXS     
 HSR    
 ICN    
 ICX    
 IOTA    
 KMD    
KNC     
 LEND    
 LINK    
LRC     
 LSK    
 LTC    
 MANA    
 MCO    
 MDA    
 MOD    
 MTH    
MTL     
 NEBL    
 NEO    
NULS     
OAX     
OMG     
 OST    
 POE    
POWR     
 PPT    
 QSP    
 QTUM    
 RCN    
 RDN    
 REQ    
 SALT    
 SNGLS    
SNM     
 SNT    
STORJ     
 STRAT    
 SUB    
 TNB    
 TNT    
 TRX    
 VEN    
 VIB    
WABI     
 WAVES    
 WTC    
XLM     
 XMR    
XRP     
XVG     
 XZC    
 YOYO    
 ZEC    
 ZRX    

上場すればさらに増えるので、2018年は100種類以上超えることになりそうです。

一方、日本国内の取り扱い通貨は以下のようになっています。

国内の主要取引所 取扱通貨の種類
コインチェック
(Coincheck)
13種類
ザイフ
(Zaif)
5種類
ビットフライヤー
(bitFlyer)
6種類
バイナンス
(BINANCE)
91種類

2017年11月時点では、60種類ほどだったことを考えると草コインが上場するスピードがとにかく早く、「億り人になりたい人」には非常に可能性がある取引所であるのがわかります。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら